2006年08月31日

松江城

松江城は山陰唯一天守閣が現存するお城です。
築城したのは堀尾吉晴。
堀尾吉晴は関ケ原の合戦の功績により
出雲・隠岐24万石の大名として
最初は広瀬の月山富田城に入城しました。

しかし、富田城は周囲を山々に囲まれた山城だった事や
家臣を住まわせる城下町を造るには土地も狭く交通も不便であったため
宍道湖のほとりの亀田山に松江城築城を計画し1611年に完成しました。
その後、京極氏1代、松平氏は10代の城となります。

matue.jpg

松平氏の中でも七代藩主治郷(はるさと)は
政治の手腕だけでなく茶の道にも通じ、
不昧(ふまい)と号して茶道石州流不昧派の元祖となられます。
そして今でも地元の人たちに「不昧公(ふまいこう)」の名で親しまれています。

そのため今でも松江は茶道が盛んで
松江城でよく茶会が開催されています。
お茶といえばお菓子。和菓子も松江の自慢の一つでしょう。
松江に来たら薄茶と和菓子を是非ご堪能あれ。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

宍道湖

島根県の東部に位置する宍道湖は
周囲45km。日本で7番目に大きい湖です。
淡水と海水が入り交じる「汽水湖」として知られています。
日本一の漁獲量を誇るヤマトシジミをはじめとして
淡水魚と海の魚がともに生息しています。

宍道湖の東側に松江市があります。
そのため松江市から宍道湖に沈む夕日は
それはそれは美しいのです。
たくさんの写真愛好者さんが
夕方宍道湖の岸から沈み行く夕日でオレンジ色に染まった宍道湖を
撮影していらっしゃいます。

sinjiko01.jpg

この宍道湖には"宍道湖七珍(しんじこしっちん)"と称される
郷土の味覚があります。
スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、シジミ
の7種類がそれです。
宍道湖を代表する食材です。

また平田町には、こうした宍道湖の生き物を
見ることができる「ゴビウス」という水族館があります。
こちらも行って見られては…

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 11:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

山中鹿之助

尼子氏の家臣であった山中鹿之助。
この山中鹿之助の出生から名将ぶりの資料は
豊臣秀吉の一代記「太閤記」の中に書かれていて
そこに書かれた何人かの武将達のなかで
最も多くのページをさいて書かれていたという。

この人の語った言葉で有名な言葉がある。
「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」
と月に向かって祈った…そして
尼子晴久のもと、その名将振りを発揮した。
鹿之助は尼子氏滅亡後もその生涯を尼子氏再興に注いだとされる。
その執念はすさまじく多くの逸話を残している。

上のこの話、第2次世界大戦のころの学校教科書に
「三日月の誓い」という題名で載せられていたとか
忠誠を尽くすことを良しとする
そんな時代背景が感じられる。

今の時代、忠義忠誠を重んじる
などということは存在しなくなってきた。
鹿之助が活躍した戦国の時代に比べれば
どれだけ穏やかな時代なのだろうか。

今回、山中鹿之助についていろいろ調べてみました。
私も知らなかった多くのことを今回知りました。
記事を書くことで新たな知識を得ることができる。
それはとても楽しいことでした。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 13:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 山陰のいい人見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

尼子の城

安来市広瀬町に月山富田城(がっさんとだじょう)の城跡がある。
城跡に行くには険しい山をくねくねと登っていく。
戦国時代。この富田城は難攻不落の城とされた。
当時この地方を治めていた尼子氏の城である。

尼子経久〜晴久〜義久の3代で
出雲・石見・隠岐など11ヶ国に勢力をひろげたが
尼子義久の時代、毛利元就によって滅ぼされた。
毛利もこの城を力攻めでは落としことが出来ず
結局兵糧攻めのすえ尼子が降伏した。

戦国時代の典型的な山城で
実際に月山に登ろうとすると結構大変です。
「七曲(ななまがり)」という坂を登っていくのです。
道も狭く力攻めは至難の技でしょう。

以前NHKの大河ドラマ「毛利元就」で
この尼子も脚光を浴び、多くの観光客が月山に訪れました。

尼子氏の武将のなかに
山中鹿之助幸盛(やまなかしかのすけゆきもり)という武将がいました。
御家再興を願った山中鹿之助の生き方が
講談として残り語り継がれています。

次回、山中鹿之助幸盛公のお話…
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 11:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

亀嵩(かめだけ)駅のそば

表題は「亀嵩駅の近く」…という意味ではありません。
亀嵩駅のお蕎麦です。
駅の近くの蕎麦屋ではありません。
駅自体が蕎麦屋なのです。

亀嵩はそろばんの生産で有名なところです。
現在はそろばんを使う人も少なくなっていますが
現在でも作られています。
そろばんも高級なのはすっごく高いらしいですよ。

それから「砂の器」の舞台にもなりました。
以前テレビでもやってましたよね。中居正広の出てたの…
あの時テレビに出てきたのは亀嵩駅ではありませんでした。
あの駅は、田舎の駅でもかなり大きな駅でしたね。
本物はもっとかわいらしいです。

その亀嵩駅。
私も何度となく行きました。
駅の中に部屋があって20人くらい入れるなかなぁ
お蕎麦はおいしいです。
駅長さんが作っておられます。

私は蕎麦大好き人間なので…
今すご〜く蕎麦食いたいです。

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 16:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

安来清水寺

やっと島根県に入りました。
島根県一番東の安来市からはじめます。
安来市…私の生まれ育ったところなのですが
安来節、どじょうすくいの町です。

最近ではどじょうの養殖も始まっていて
安来市の安来節演芸館ってのが出来てそこで
どじょうが食べられます。
唐揚とか食べましたけど結構おいしかったですよ。

その安来の観光地といえば、清水寺が挙げられます。
京都にある清水寺(舞台があるところ)ではなく
厄払いの寺として地元では親しまれています。

立派な三重塔とかもあるのです。
夜になるとライトアップされて、私が自宅に向かう頃
山の中腹にこの三重塔がほのかに浮かび上がっています。

スケールもかなり大きなお寺です。
参道の脇に旅館などもあり精進料理も食べれます。
清水羊羹ってのもあって、私は甘いものダメなので
最近食べてないのですが、おいしい羊羹ですよ。

厄年の厄払いに清水寺にお越しくださいね…

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

鬼太郎と魚の町

次回は境港市だ…っていいながら
2日間別の話題でいってしまいました。
それでは今日は境港市です。

境港市は日本海の表玄関。たくさんの魚が水揚げされています。
日本有数の水揚げを誇る漁港です。
冬場の松葉ガニは有名です。
高価なので私の口にはあまり入ることはありませんが
たまに食べる松葉はとっても美味であります。

境港市は「げげげの鬼太郎」の町としても知られています。
鬼太郎の作者水木しげるさんの生まれた地で、
境港の中央を通る道は「水木しげるロード」と名づけられ、
鬼太郎に登場する妖怪たちの像が並んでいます。

またJR境港線(米子市から境港市まで)には
それぞれの駅名が妖怪の名前になっています。
そこを走るのは車両にイラストが描かれた
「鬼太郎列車」「ねずみ男列車」「ねこ娘列車」
が走っています。

境港市は「鬼太郎」を上手く観光に結びつけ
成功した一例ではないでしょうか。
米子までこられた方は「鬼太郎列車」で
境港まで足を運ばれたらいかがでしょう。
新鮮な海産物も待ってますよ。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 14:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

もらったバトン、落とす訳にはいかん。

実を言いますとブログの知り合いのまろんさんから
バトンなるものを頂きましたので
落とさず走ってみようと思います。

1.回す五人を最初に書いておく

勝手ながら
 きよちゃんさん
 アイディアマンさん
 あきっぺさん
らぶりさん
yuka2さん
の5人の方にお願いします。その他ご訪問いただいた方で
お名前のない方ごめんなさいです。

2.お名前は?

 はい。よねちゃんです。

3.おいくつですか?

 はい。昭和38年生まれの42歳です。

4.ご職業は?

 職業はインターネット関連事業を営んでいます。

5.ご趣味は?

 趣味はカラオケ好きです。
 最近社交ダンスはじめましたよ。けっこう楽しい。

6.好きな異性のタイプは?

 優しい人。…ありきたりか?
 センスのいい人。私と感性が合えばいいです。

7.特技は?

 特技…そうですねぇ…エクセルのBVAならかなり複雑なものでも作れます。

8.資格、何かもってますか?

 資格は、普通2種免許と衛生管理者

9.悩み何かありますか?

 悩みは山ほどありまっせ…
 ありすぎて書ききれない。

10.お好き、お嫌いな食べ物は?

 好きな食べ物…魚です。刺身とか寿しとか煮魚とか。
 嫌いな食べ物…納豆(食わず嫌いじゃなく、食べて嫌いです)、なすび嫌い(フニュフニュ感が)

11.あなたが愛する人へ一言。

 大好きで〜す!

12.回す人五人の他者紹介を簡単にお願いします。

きよちゃん …
 私のブログをいつも見に来ていただいているゴルフ大好きな方です。なんとなくほっとできる方です。

アイディアマンさん …
 私にブログを教えてくれた人。実は今私の隣で電話してます。

あきっぺさん …
 仕事仲間です。ふとん屋さんで睡眠科学の知識満載の人。とっても穏やかなおとうちゃんです。

らぶりさん …
 ミクシーつながりでお友達です。とっても素敵な美人さんです。

yuka2さん …
 私の同級生の奥さん。久しぶりにブログで再会してしまいました。とっても元気なお母さん。

ちなみにバトンはお渡ししますが、
もしこれに気がついて、尚且つ気が向いた方、お願いします。
受け取らなかったことについては
な〜〜んも思いません。
突然名前を出されてご迷惑でしたらお許し下さい。

まろんさん…こんな感じです。
今後ともヨロシクです。


posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 15:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

温暖化に間違いない!

こんなに暑い日が続くと
「もう勘弁して…」って言いたくなる。
もうお盆も済んだんだし、もうそろそろ涼しくなってもいいジャン!
昨日だって35度くらいあったんですよね。

…温暖化だ…間違いない…
もう数年すると40度の世界がやってくるのかもしれない。
専門家の話によれば、全ての気象現象が極端になるとか…
去年アメリカを襲ったような超巨大台風が
日本に襲ってくるようになるのです。

近年、本当に異常気象が続きますよね。
私が子どもの頃は、夏35度にもなる日なんて
なかったような気がするんだけど…どうですか?
ちなみに私が子どもの頃って30年前くらいの話ですけど…

あの頃クーラーなんてなかったし、
夏休みの午後のお昼寝タイムは
家の中を風がスーっと通り抜けて心地く昼寝が出来たような…
昔のことなので忘れてしまったけど、
確かに今よりは過ごしやすかった。

クーラーに入っている今の生活が
身体をそう感じさせてしまっているのかどうだか
わからないけど、…なまっているのかなぁ?

まだ私の暮らしているところは田舎だから
コンクリートやアスファルトに囲まれた所より
きっと良いのだろうけど…
都市部に住んでる方はもっと体感温度高いんでしょうね。

今日は泣き言になってしまいました。
いかんいかん…甲子園球児はあんなにも頑張っているのに
暑さももうちょっとの辛抱ですね。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

皆生温泉

鳥取県と島根県の県境、弓ヶ浜半島の根元にある米子市。
その米子市にあるのが皆生温泉です。
大山が一望でき、日本海の水平線がとても綺麗に見えます。
この時期は皆生温泉の海岸は海水浴場で
たくさんの人で賑わうのです。

皆生温泉は歴史はそんなに古くなくて
1900年に地元の漁師さんが
海中に湧き出している温泉を発見したのが始まりだそうです。
だから皆生温泉が出来てからまだ100年ほどなんですね。

湯量は多く高温で源泉は19箇所もあるそうです。
温泉旅館、施設も数多あり山陰最大の収容人員を誇り、
山陽方面からの高速道路の出口でもあるので
県外からたくさんの観光客が来られます。

また皆生温泉は日本でのトライアスロン発祥地です。
皆さん知ってましたか?
1981年に日本で初めてトライアスロンが開催されたのが
ここ皆生温泉なのです。
現在でも毎年7月に全日本トライアスロン皆生大会が開催されています。

さあ鳥取県を東からやってきました。
我が家安来市に近づいてきました。
来週くらいから島根県に入ろうかなぁ…
いや…境港があった。

次回は境港市で妖怪話でも致しましょう…
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

蒜山高原でリフレッシュ

以前紹介した中国地方の名峰大山の南に位置する
広大な高原「蒜山高原(ひるぜんこうげん)」についてお話します。

蒜山高原は岡山県になってしまいますが
私は大山に行ったついでに蒜山まで足を伸ばすことがよくあり
大山とセットのイメージがあるので
ここで紹介します。

大山の男性的な印象から一変、女性的な印象の蒜山
広い面積を有して、高原気分を満喫できます。
牛の放牧場があったり、チーズや牛肉を食べさせてくれる施設
遊園地、ハーブ園と友達や家族連れ、デートコースとしても
十分楽しめる場所です。

蒜山は蒜山三座(上蒜山、中蒜山、下蒜山)に
囲まれた標高が400m〜600mくらいの盆地です。
標高の高さゆえ気温が低いので夏はとってもいいですよ。
でも今年は結構暑かったみたいです。

私はドライブコースでよく利用します。
車で通り過ぎるだけでも大山のブナ林を通り抜けて
蒜山の草原の中を走る…これがとても気持ちよいのです。
これを書きながらまた行ってみたいなぁって思っています。


posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

東郷湖

三朝温泉を北へ行くと東郷湖があり、湖中から温泉が湧き出しています。
その東郷湖の東湖岸が「東郷温泉」、
西湖岸を「羽合(はわい)温泉」といいます。

日本にハワイがあるんですよ〜とか言いますが
(本物の)ハワイのように常夏でもなく、
空気が乾燥しているわけでもなく、
山陰独特の気候の日本のハワイです。

東郷温泉も羽合温泉も数件の温泉旅館があって
観光客の宿泊スポットになっています。

東郷湖の南側に「燕趙園(えんちょうえん)」という
日本最大級の中国庭園を持つ観光スポットがあります。
先日行ったときには中国雑技団が公演をやってました。
普段なかなか見ることのできない中国庭園を楽しめます。

その燕趙園に並んで
「龍鳳閣(りゅうほうかく)」というクアハウスがあり
温泉にゆっくり入れる施設です。


posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 09:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

三朝温泉

お盆はどんな風に過ごされましたか?
今年はとても暑いお盆になりました。

さて、前回三徳山について書きました。
その三徳山の麓にあるのが三朝温泉です。
私もここには数度宿泊しました。

三朝温泉で有名なのがラジウム温泉。
日本でも屈指のラジウム含有量の温泉で
糖尿病・神経痛・通風・皮膚病などに効果があり
飲めば胃腸病に効き目があるとの事です。

ラジウムは微量の放射線を発する物質で
ラジウム泉のことを放射能泉と言うそうです。
なんか怖そうなんですけど非常に微量なので
逆に細胞を刺激して新陳代謝を促進し、
身体の免疫力や自己治癒力を高めるのだそうですよ。

三朝温泉街の中央を流れるのが三徳川
この川の河原に露天風呂があります。
一応囲いはしてあるのですが見えてしまうので
夕方から夜にかけて入る方が多いそうです。
河原風呂に抵抗のある方は足湯もあります。
入浴料は無料です。

昔ながらの温泉街の街並みが温泉情緒を
しっかり残してくれています。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

お知らせ

8月12日から15日まで
このブログ止まります。
8月16日から再開します。よろしくお願いします。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三徳山投入堂

鳥取県中央部に位置する三朝温泉。
三朝温泉からさらに奥へと車を進めると三徳山があります。
三徳山は、標高900m
山全体が国の名勝・史跡に指定されています。

そこにあるのが国宝「投入堂(なげいれどう)」です。
崖の中腹のくぼみに張り付くように建った建造物。

私も実際に見ました。
見たといっても三朝温泉から車で三徳山に向かい
車道の脇から見た程度ですけど…
はるか頭上の岩肌にくっ付いた建物を見て
高所恐怖症の私としては人のなせる業とは思えませんでした。

その投入堂のすぐ傍まで行くことが出来ます。
三佛寺という本堂から登山道があって
それはそれは険しい登山道(木の根を這い登ることもあるとか)
を行くのだそうです。高所恐怖症の私に行けるかどうかはわかりません。

今年、この三徳山開山1300年という節目の年で
記念行事として現在「三徳山ライトアップウィーク」
が8月17日まで行われています。
詳しくはこちらで見てください。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~mitoku/index.html
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

鳥取砂丘

山陰の中でも全国的に知られているもののひとつに
鳥取砂丘があります。
鳥取県東部の鳥取市の日本海岸に広がる
東西に16km。南北に2kmの
日本最大級の砂丘です。

砂丘は長い年月をかけて風や波によって運ばれてきた
砂が堆積して出来たところです。
日本海からの風によって砂が移動するので植物が成長しきれず
砂漠のようになっているらしいです。
いろんな条件が一致しないと出来ないものらしいです。
そういう意味ではとても貴重なものなんですね。

あの砂漠特有の風紋も見ることができます。
日本海の海の色と砂の色が時間によって
様々に変化してそれは綺麗な景色を見せてくれます。

砂漠といえばラクダですよね。
鳥取砂丘にもラクダがいますよ。ラクダに乗ることも出来ます。
パラグライダーやウィンドサーフィンも
砂丘を通り抜ける風を利用してさかんに行われています。

砂地の性質を利用した砂丘らっきょうや砂丘長芋なども
ここの特産品です。鳥取砂丘に来たら買って帰りましょう。

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

出雲ご縁枕

出雲市に糸賀ふとん店というお店があります。
そこのご主人とご縁があって知り合いになりました。
最近では少なくなった綿打ちをされるお店だそうです。

昔はどこの家庭も布団といえば綿
今でこそ羽毛ふとんで軽くてあったか!
のご家庭も多いんでしょうけど

私らの子どもの頃は
重たい布団で寝ていましたよね。
でもその重さが良かったようにも記憶しています。
ヒンヤリとした布団に入るとなんか嬉しかったですよ…私の場合。

そのご主人は眠ることの知識はすごくて
いろんな事を知っておられます。
普段寝ることってあまり考えない私も、話を聞いてみると
なるほどと思えることがたくさんありました。

ちなみにその知識をいろいろ書かれているのが
このブログです。→http://blog.livedoor.jp/iiyumemiyou/
かなりお役立ちの「睡眠の知識」が見れるので
ご覧になってみてはいかがでしょう。

そんな糸賀ふとん店さんが
今度全国に向けて情報発信するのが「出雲ご縁枕」
出雲大社はご縁の神様。受験生と志望校の縁組と言う発想は
とっても奇抜で面白いですよね。
発想の時代ですよね。

ホームページはここです。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のいい物見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

山陰からのネット直販

山陰のいいもの・うまいものを紹介していく
サイトを立ち上げました。
立ち上げたのはつい最近です。

まずは宣伝です。
これから山陰地方の「口コミ」するほどいいものを
見つけて日本全国に向けて情報発信します。

ほんとにいいものだけを厳選しますからお楽しみに!

http://choku-han.net/

山陰からのネット直販
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 15:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海派と山派

ここのところ山陰(といっても松江市近辺ですけど)の
海山を紹介してきました。
よく聞く話ですが、海派と山派って言葉がありますよね。
夏になるとどっちに行きたいか?

私は絶対に「山」です。
なぜかって言うと泳げないからです。
プールだと泳げるんですが、足の付かないところは怖くてダメです。
今から10年ぐらい前、友人と海に行きました。

溺れはしませんでしたが
周りの人から
「あの人大丈夫か?」
と言う声が聞こえ、さぞかし無様な格好で泳いでいたんでしょう。
「だけん、海はいけんって言っちょうが!」
(訳:だから、海はいやだといってるだろ!)
と心で叫んでおりました。

泳げる人はいいですねぇ。
楽しそうに潜っていらっしゃいます。

私は飛行機も嫌いです。高所恐怖症です。
どうも地に足が着いていないとダメな人のようです。
やっぱ山でしょう。
山はいい!

まず地に足が着いてるじゃないですか。
育ちも山手の田舎なので野山を駆け回ってるほうがいいです。
皆さんは「山派」?それとも「海派」?

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

海水浴場

去年のことなのですが
松江市から行ける海水浴場を取材をかねて巡ったことがあります。
丁度この時期だったように記憶してますが
今回は松江市近郊の海水浴場をその時撮った写真と併せて紹介します。

鹿島町 古浦海水浴場
車で目の前まで行けます。
koura3.jpg

島根町 桂島海水浴場
橋を渡って島に渡ります。波が小さくて子どもさん向け。
キャンプ場併設。
katura2.jpg

島根町 小波海水浴場
駐車場有り。キャンプ場併設。
konami3.jpg

美保関町 千酌(ちくみ)
tikumi1.jpg

美保関町 北浦海水浴場
民宿あり。
kita1.jpg

美保関町 菅浦(すげうら)
施設なし。駐車場がない。プライベートビーチ的場所。
suge1.jpg

美保関町 笹子(ささご)
民宿有り。
sasago1.jpg

島根半島にある海水浴場です。
設備が整った場所はいいのですが、そうでないところもあるので
事前チェックをお願いします。

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。