2006年09月07日

ゴビウス

この前、「宍道湖」のなかで話題にした
ゴビウスっていう水族館があります。
宍道湖の西湖岸にあります。
ここでは、汽水(海水と真水の混ざった水)に住む魚を
たくさん見ることができます。

私も数度行きました。
入口から出口までいくつかのテーマに分けて水槽が並んでいます。
汽水に住む魚のゾーン
川に住む魚のゾーン
実際に触ったり出来る体験学習ゾーン
などがあります。

見ることのできる生き物は
魚介類100数種類3000点、鳥類27種40点、
昆虫類80種類240点。
水槽の数は54水槽と、それなりのスケールです。

島根県では、浜田に「アクオス」っていう水族館がありますが
わたしはまだ行ったことがないのでよく判りませんが
川魚や宍道湖に生息する魚を見せてくれるゴビウス。
私はとても好きです。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ゴビウス」????
タイトルを見て、少し引いてしまいましたが、汽水の魚がたくさん見れるというのは楽しそうですね。
それにしても宍道湖に行ったにもかかわらず知らなかったなあ〜。不覚です。

ちなみに私の実家の大阪には「海遊館」がありますので、大阪に来られた時は是非行ってくださいね。
Posted by まろん at 2006年09月07日 20:58
まろんさんへ
コメントいつもありがとうございます。
「ゴビウス」とは、ラテン語で「小魚」という意味があるそうです。それに生物の世界共通の名前である学名では「ハゼ科」の総称として用いられているんだそうです。
 ちなみにこちらの地方では「ハゼ」のことを「ゴズ」って言うんですよ。
Posted by よねちゃん at 2006年09月08日 15:04
「ゴビウス」って小魚っていう意味なんですね。ありがとうございます。
ちなみに、私は同年代の女性には全くもてません。(涙)(笑)
Posted by まろん at 2006年09月11日 22:30
それが違うんですよ…
まろんさんの思い過ごし
同年代の女性にもちゃんともててるはずですから大丈夫です。
Posted by よねちゃん at 2006年09月12日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。