2006年09月12日

神秘の国「出雲」

出雲大社。
全国的に有名な縁結びの神様です。
この出雲地方では10月のことを「神有月(かみありづき)」と言います。
それ以外の地域は「神無月(かんなづき)」ですよね。

10月をなぜ神無月というかといえば
10月に全国の神様が一斉にこの出雲大社にお集まりになるからです。
だから10月は神様がいなくなってしまうので神無月。
ここ出雲は全国の神様がいらっしゃるので神有月なのです。

出雲地方はそういう意味ではとても神秘的な地でもあります。
出雲神話がたくさん残り、語り継がれ
神楽という形でも出雲地方(島根県東部)石見地方(島根県西部)
に残されてきています。

ギリシャ神話に劣らぬ出雲神話を
日本の多くに人に、世界の多くの人に知ってもらいたい
そう願っています。
私の仲間の方々が、今それに向けて少しずつ動き始めています。

出雲大社や出雲神話について
しばらく連載していきたいと思います。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出雲大社は本当に神秘的でした!!
神社でそんなことを感じたのは生涯唯一かもしれないですねえ。
伊勢神宮でも靖国神社でもなかったよなあ〜。
さすがは出雲大社!!ということでしょうか?
Posted by まろん at 2006年09月13日 14:38
まろんさんへ
コメントありがとうございます。
10月に出雲大社にこられると、全国の神様に一度に会えます。
10月に他の神社に行ってもどなたもいらっしゃいません。
神秘の国出雲をもっとPRしていきたいと思います。
Posted by よねちゃん at 2006年09月13日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。