2006年09月30日

古代の超高層建築

出雲大社の本殿は
むかしそれはそれは大きなものだったと言われます。
それは敷地の広さではなく高さ
その高さ約48m。なんと15階建て高層ビルを超える大きさだというのです。

そしてその本殿に上がるための階段が長さ100mもあったというのです。
実際の当時それだけの建築技術があったのかどうかは知りませんが
これが本当なら驚くべきことです。
その高層建築をCGで見せてくれるホームページがあるので紹介します。

http://www6.pref.shimane.jp/kodai/shinden/

この中にも書かれていますが
当時日本で最も高い建造物が出雲大社本殿だったのです。
ただ、縦長の建物だったため200年で6〜7度も
傾いたとも書かれています。
現在では平成11年にその裏づけでもある巨大な柱の
一部が発見されています。

出雲大社は古い時代から日本の頂点として
存在していたのだということは言えるのでしょう。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出雲大社は偉大だなあ〜。
この資料を基にもう一回出雲大社に行きたくなりましたね。
北海道も東北地方も行きたいし、大変だなあ。
Posted by まろん at 2006年10月01日 23:17
まろんさんへ
今月は神在月です。出雲大社に全国の神様が集います。機会があれば10月がオススメです。
北海道や東北は私も行ってみたいです。最近東北にとっても興味ありです。
Posted by よねちゃん at 2006年10月02日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。