2006年10月03日

出雲大社参拝その2

長い松並木の道を進んでいくと境内入口に…。
左手には勅使館(貴賓館)があります。
勅使館は出雲大社にお越しになった天皇の勅使をお迎えする建物です。
そして大国主神と兎の像(因幡の白兎)があります。

出雲大社の境内は四方を塀で囲まれています。
正面から中に入ると、正面に拝殿があります。
本殿ではなく拝殿、お祓いをしてもらう建物です。
本殿は拝殿の裏手にあるのです。

本殿はこれまた四方を高い塀で囲われた中にあります。
一般にはその中には入ることが出来ません。
本殿を囲う塀の周りをぐるりと回って見ることはできます。

境内の西と東にそれぞれ「西十九社」と「東十九社」
という横に長い建物があります。
神在月に全国からこられる神様のホテルです。
今月はここに全国の神様が鎮座されるのです。

つづく…
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のいい所見〜つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。