2006年09月28日

毎日続けることの難しさ

久しぶりの投稿です。
ブログを毎日続けることの難しさを痛感しています。
ちょっとした事情で日が空いてしまうと
ブログを続けることの緊張感が途絶えてしまう。

私は自宅ではブログを書けないので
事務所で仕事の合間に書くのですが
ここ2週間ほどいろんなことが重なって書けなかった。
やっと開放されたのだけど
今ちょっと緊張感が抜けているかも…

毎日ブログを続けている人は
本当にすごいと思います。
昔から三日坊主と言われ続けたこの私が
なんとか続けてきたのですが、一度切れると
「今日も書くぞ!」っていう勢いがなくなってしまって…

よ〜し。
今日から再起で書きますよ〜!!
山陰の良いとこ発見のこのブログ
「神々の国出雲」の話明日から再スタートです。
よろしく!
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

神秘の国「出雲」

出雲大社。
全国的に有名な縁結びの神様です。
この出雲地方では10月のことを「神有月(かみありづき)」と言います。
それ以外の地域は「神無月(かんなづき)」ですよね。

10月をなぜ神無月というかといえば
10月に全国の神様が一斉にこの出雲大社にお集まりになるからです。
だから10月は神様がいなくなってしまうので神無月。
ここ出雲は全国の神様がいらっしゃるので神有月なのです。

出雲地方はそういう意味ではとても神秘的な地でもあります。
出雲神話がたくさん残り、語り継がれ
神楽という形でも出雲地方(島根県東部)石見地方(島根県西部)
に残されてきています。

ギリシャ神話に劣らぬ出雲神話を
日本の多くに人に、世界の多くの人に知ってもらいたい
そう願っています。
私の仲間の方々が、今それに向けて少しずつ動き始めています。

出雲大社や出雲神話について
しばらく連載していきたいと思います。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

出雲ドーム

出雲市を車で走っていると遠くに白いドームが見えます。
すぐそのに見えるのになかなか近づかない
周りの建物との錯覚かそこにあるのに近づかない
…この地域では目にすることのない形の建造物

それが出雲ドームです。
平成4年にオープンしたこのドーム。
直径140.7m、高さ48.9m。日本最大級の木造建築です。
実際に中に入ってみると、本当にデカイ。
木でこんなでかい物が立っているのかと感心する。

dome01.jpg

出雲大社に代表される出雲の観光ルートにもなっていて
多くの観光客が訪れています。
世界初の移動方式の可動スタンドで
野球型のグラウンド配置から、
サッカー・ラグビー型のグラウンド配置に変えることができるという。

プロ野球が出来るほどの大きさではないのですが
これ以上大きな木造建築物が造れるのでしょうか?
見学料は大人が150円、中学生以下70円です。
150円払ってでも出雲ドームの内部は一見の価値あり。

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

ゴビウス

この前、「宍道湖」のなかで話題にした
ゴビウスっていう水族館があります。
宍道湖の西湖岸にあります。
ここでは、汽水(海水と真水の混ざった水)に住む魚を
たくさん見ることができます。

私も数度行きました。
入口から出口までいくつかのテーマに分けて水槽が並んでいます。
汽水に住む魚のゾーン
川に住む魚のゾーン
実際に触ったり出来る体験学習ゾーン
などがあります。

見ることのできる生き物は
魚介類100数種類3000点、鳥類27種40点、
昆虫類80種類240点。
水槽の数は54水槽と、それなりのスケールです。

島根県では、浜田に「アクオス」っていう水族館がありますが
わたしはまだ行ったことがないのでよく判りませんが
川魚や宍道湖に生息する魚を見せてくれるゴビウス。
私はとても好きです。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

武家屋敷

松江城北側の堀川沿いに
塩見縄手(しおみなわて)という場所があります。
かつて松江藩二百石から六百石取りの
中老格の藩士の屋敷が並んでいました。
城下町では、縄のように一筋に長く伸びた道路のことを
縄手と言うのだそうです。

この塩見縄手は、今でもその当時の暮らしぶりを伝えています。
刀だんすやお歯黒道具をはじめ当時の家具や
生活用具などを展示しています。
松江市の文化財となっています。

nawate.jpg

玄関から座敷まわり、主人居間のあたりは
立派な造りになっているのに対し、
私生活部分はとても質素になっているなど
昔の武家の暮らしぶりが偲ばれます。

当時、武家屋敷の門から玄関までの内には
「盛り砂」が必ず設けてあったといわれています。
日本刀は普通使わない状態ではよく切れないことがあるので
一大事が起こった時、この砂に数回切りつけて
すぐに実戦に使用できるようにするための知恵だったようです。

こうした武家の時代の生活の様子を
当時の実際の屋敷のなかでバーチャル体験できるのです。
日本の文化の趣を感じさせてくれる場所です。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

もらったバトン、落とす訳にはいかん。

実を言いますとブログの知り合いのまろんさんから
バトンなるものを頂きましたので
落とさず走ってみようと思います。

1.回す五人を最初に書いておく

勝手ながら
 きよちゃんさん
 アイディアマンさん
 あきっぺさん
らぶりさん
yuka2さん
の5人の方にお願いします。その他ご訪問いただいた方で
お名前のない方ごめんなさいです。

2.お名前は?

 はい。よねちゃんです。

3.おいくつですか?

 はい。昭和38年生まれの42歳です。

4.ご職業は?

 職業はインターネット関連事業を営んでいます。

5.ご趣味は?

 趣味はカラオケ好きです。
 最近社交ダンスはじめましたよ。けっこう楽しい。

6.好きな異性のタイプは?

 優しい人。…ありきたりか?
 センスのいい人。私と感性が合えばいいです。

7.特技は?

 特技…そうですねぇ…エクセルのBVAならかなり複雑なものでも作れます。

8.資格、何かもってますか?

 資格は、普通2種免許と衛生管理者

9.悩み何かありますか?

 悩みは山ほどありまっせ…
 ありすぎて書ききれない。

10.お好き、お嫌いな食べ物は?

 好きな食べ物…魚です。刺身とか寿しとか煮魚とか。
 嫌いな食べ物…納豆(食わず嫌いじゃなく、食べて嫌いです)、なすび嫌い(フニュフニュ感が)

11.あなたが愛する人へ一言。

 大好きで〜す!

12.回す人五人の他者紹介を簡単にお願いします。

きよちゃん …
 私のブログをいつも見に来ていただいているゴルフ大好きな方です。なんとなくほっとできる方です。

アイディアマンさん …
 私にブログを教えてくれた人。実は今私の隣で電話してます。

あきっぺさん …
 仕事仲間です。ふとん屋さんで睡眠科学の知識満載の人。とっても穏やかなおとうちゃんです。

らぶりさん …
 ミクシーつながりでお友達です。とっても素敵な美人さんです。

yuka2さん …
 私の同級生の奥さん。久しぶりにブログで再会してしまいました。とっても元気なお母さん。

ちなみにバトンはお渡ししますが、
もしこれに気がついて、尚且つ気が向いた方、お願いします。
受け取らなかったことについては
な〜〜んも思いません。
突然名前を出されてご迷惑でしたらお許し下さい。

まろんさん…こんな感じです。
今後ともヨロシクです。


posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 15:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

温暖化に間違いない!

こんなに暑い日が続くと
「もう勘弁して…」って言いたくなる。
もうお盆も済んだんだし、もうそろそろ涼しくなってもいいジャン!
昨日だって35度くらいあったんですよね。

…温暖化だ…間違いない…
もう数年すると40度の世界がやってくるのかもしれない。
専門家の話によれば、全ての気象現象が極端になるとか…
去年アメリカを襲ったような超巨大台風が
日本に襲ってくるようになるのです。

近年、本当に異常気象が続きますよね。
私が子どもの頃は、夏35度にもなる日なんて
なかったような気がするんだけど…どうですか?
ちなみに私が子どもの頃って30年前くらいの話ですけど…

あの頃クーラーなんてなかったし、
夏休みの午後のお昼寝タイムは
家の中を風がスーっと通り抜けて心地く昼寝が出来たような…
昔のことなので忘れてしまったけど、
確かに今よりは過ごしやすかった。

クーラーに入っている今の生活が
身体をそう感じさせてしまっているのかどうだか
わからないけど、…なまっているのかなぁ?

まだ私の暮らしているところは田舎だから
コンクリートやアスファルトに囲まれた所より
きっと良いのだろうけど…
都市部に住んでる方はもっと体感温度高いんでしょうね。

今日は泣き言になってしまいました。
いかんいかん…甲子園球児はあんなにも頑張っているのに
暑さももうちょっとの辛抱ですね。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

山陰からのネット直販

山陰のいいもの・うまいものを紹介していく
サイトを立ち上げました。
立ち上げたのはつい最近です。

まずは宣伝です。
これから山陰地方の「口コミ」するほどいいものを
見つけて日本全国に向けて情報発信します。

ほんとにいいものだけを厳選しますからお楽しみに!

http://choku-han.net/

山陰からのネット直販
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 15:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海派と山派

ここのところ山陰(といっても松江市近辺ですけど)の
海山を紹介してきました。
よく聞く話ですが、海派と山派って言葉がありますよね。
夏になるとどっちに行きたいか?

私は絶対に「山」です。
なぜかって言うと泳げないからです。
プールだと泳げるんですが、足の付かないところは怖くてダメです。
今から10年ぐらい前、友人と海に行きました。

溺れはしませんでしたが
周りの人から
「あの人大丈夫か?」
と言う声が聞こえ、さぞかし無様な格好で泳いでいたんでしょう。
「だけん、海はいけんって言っちょうが!」
(訳:だから、海はいやだといってるだろ!)
と心で叫んでおりました。

泳げる人はいいですねぇ。
楽しそうに潜っていらっしゃいます。

私は飛行機も嫌いです。高所恐怖症です。
どうも地に足が着いていないとダメな人のようです。
やっぱ山でしょう。
山はいい!

まず地に足が着いてるじゃないですか。
育ちも山手の田舎なので野山を駆け回ってるほうがいいです。
皆さんは「山派」?それとも「海派」?

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

金魚

先日テレビを見ていましたら
NHKで「金魚」についてやってました。

日本でも昔から金魚を観賞用に飼っていたのですが
金魚って「上見(うわみ)」=「上から見ること」
のために改良されてきたということをはじめて知りました。

私は金魚飼ったことありますけど、水槽に入れて横から眺めています。
水槽を上からジーっと観るなんてことしたことがない。
確かに昔は水槽なんてものないから焼物の鉢に水を張って
金魚を飼っていたんでしょうね。

出目金も考えてみると上から見るからその特徴が活きる。
まぁ上から見るために改良されたのだから
当たり前のことなのでしょうけど…

その番組で「出雲ナンキン」が紹介されていました。
江戸時代、松江藩主松平不昧公が金魚を好み「出雲ナンキン」が
生まれたとの事。
島根県の天然記念物に指定されているそうです。

白い鉢に水を張って、水草などちょっと浮かせて
金魚の泳ぐ姿を上見で楽しむ。
…ん〜、涼ですねぇ。

金魚すくいですくった金魚。
今年は上見で楽しんでみたらいかがでしょう。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:14| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

知り合えた人たちに感謝

今日でこのブログ始めて25日目です。
他にもブログ用のページを持っていますが
自分のブログを持って感じたことを今日は書きます。

本当に筆不精の私がブログなるものを始めて
いろんな方と交流を持つことができました。
実際の生活ではあり得ない人たちとの交流です。
年齢も生活環境も全く違った人たちとです。

文字だけの交流を本当の交流というのかはわかりませんが
不思議と目に留まる人、共感できる人、感心する人。
いろんな人とコメントを交わすことができて…

こんなつたない文章でも、
毎回のように見に来ていただける人がいて
コメントいただいて、
会ったこともないのによく知ってる人のような気がしてくる。
ブログの更新がないと気になったりして

こういうつながり方もあるんだなぁ…と
感じています。
気づくのが遅いですけど…なにはともあれ
ここにたどり着けたということは良かった良かった。

これからももっと沢山に人たちと交流していくことになると思います。
そうしていきたいです。

この1ヶ月で仲間が増えました。
その仲間に感謝です。       ありがとうございます。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 11:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

自己紹介その2

暑くなりました。
この前まで雨降りで不満タラタラだったにもかかわらず
好天になればなったでまた不満が口に出る。
いかんなぁ…こんなことでは…

さぁ気を取り直して昨日の続きです。
私の仕事場は松江市です。
毎日車で片道50分の道のりを安来から通っています。
学生の間広島にいて、こっちに帰って就職してから
ずっと松江に通っていたので、通勤はもう苦痛ではありません。

安来市は島根県の一番東の市になります。
ちょっと行けば鳥取県米子市です。
自宅からは車で15分も走れば米子市の市街地に入ります。
ですから安来に住んでる人は、松江より米子に出かける人が多いです。

そのせいでしょうか。私は鳥取県を非常に身近に感じてしまうのです。
多分益田市(島根県の一番西の市)の人は
きっと山口県を身近に感じますよね。
石見(島根県西部を石見(いわみ)地方といいます)の方は
いかがなんでしょう。教えていただければ幸いです。

私がこうして「山陰」という発想になっているのは
私のこの環境が多大に影響しているのかもしれません。

それにしても、あまり自己紹介になってないですね。
まぁ、何とか「山陰」というところを知ってもらいたい
などと考えながら日々ほんわかと生きている
中年のおっさんです。

このおっさんが、今度は「山陰」観光スポットなど
次回から紹介していきましょうかね…
それじゃあ次回は夏にぴったりの「大山」辺りから
はじめましょう。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

自己紹介

遅れましたが自己紹介します。
私は「山陰」に住んでいます。
まぁ、これは皆さん察しはついているでしょうけど…
住まいは「安来市」
安来市といえば、全国的に知られているのは
「安来節」と「足立美術館」くらいでしょうか。

安来節は「どじょうすくい」のユーモラスな踊りで
昔(今はもういないのでは?)は宴会芸の代表でした。
私の通っていた中学校ではこの「どじょうすくい」を教えてくれました。
だから今でも一応覚えています。

足立美術館は「日本が誇る日本庭園」があります。
世界で最も美しい日本庭園のひとつです。
そのすばらしさは行った人でないとわからないと思います。
是非一度お越し下さい。
ちなみにHPは http://www.adachi-museum.or.jp/です。

そんな私はインターネット関連の仕事をしています。
にも関わらずブログなるものをするのは始めてで
本当はちょっと戸惑い気味なのです。

まず、文章というものを書いたことがない。
小学生の頃の「読書感想文」くらいしかないのです。
正直結構苦痛なのですが、いろんな人との繋がりがもてる
喜びが大きいのでなんとか続けています。

…とはいってもまだ2週間ほどですが・・・

自己紹介その2へつづく

それと安来市は「ネゴシックス」の出身地です。
あのなまりは完璧な「出雲弁」なのですよ。



posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

ご縁

ここに1冊の本があります。
中村文昭著「お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!」
これは私の知人のあきっぺさんからのプレゼントです。
ありがとうございます。

ここのところ「出雲神話」の話題から
「ご縁」について、妙に私の周りにこの言葉が出てきます。
こんな事ってありませんか?
今、私の中は「ご縁ブーム」になっています。

以前から私は「ご縁」と言う言葉をよく損います。
「縁あってこうして知り合いになれて…」
とか
「折角のご縁ですから…」
とかです。

この本のはじめに
「自分を形づくるものの90%は他人の影響だ」
という・分がありました。

私もそう思います。40年生きてきていろんな人と出会いましたが
その人たちから多大なる影響を受けています。
今現在お付き合いしている人たちからも
私は大きな影響を受けています。

考えてみれば、どこからどう折り重なったのか
こうして私の周りに存在する人たちは
人を通し、また環境を通して偶然にもめぐり合った人たちで
それぞれが私に影響を与えてくれます。

こうした折角の「ご縁」の大切さを
この本を前に今改めて痛感しているところです。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

神のお導き

前回「出雲神話」について書きました。
お昼に書き終えて、その後友人との集まりがあって
そちらに参加したのですが、

そこでなんと「出雲神話」の話で盛り上がったのです。
別に私が話題を提供したわけでもなく
偶然の出来事だったのですが
「この偶然には何かあるなぁ…」
と思ってしまいました。
その集まりも出雲大社に程近いレストラン「キャロッツ」でのお話。

「これぞ神のお導き!」
山陰地方の本当にいいものをもっと世に知らしめたい!
と集まったこの有志たちの集まりで
「出雲神話」をもっと沢山の人たちに知ってもらって
この地方をもっとPRしていこう!
っていう話になったのです。

これも何かの「ご縁」なのです。

出雲大社は「ご縁」の神様。
「出雲神話」を通して全国の人たち、いや世界の人たちと
「ご縁」がいただけたら
こんな素敵なことはないですよね。

話が大きくなってきましたけど、
地道な活動を始めていこうとしています。
今後の活動報告はこのブログで…

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

水の都の大雨3 「こりゃあ、えらいことだがな」

長雨は今日も続くとの予報。
昨日の午後から島根県東部は雨も小康状態、
今朝も強い雨は降っていません。

それにしても今回の雨は全国的に大きな被害が出ました。
島根県をはじめ各地で亡くなったり行方不明の方が多数出て
「こりゃあ、えらいことだがな」
っと、テレビを観ながら叫びました。

松江市は市街地に4本の橋が架かっています。
「宍道湖大橋」「松江大橋」「松江新大橋」「くにびき大橋」
そしてちょっと離れた東側に1本「中海大橋」
の計5本の橋が大橋川をはさんだ「南松江」と「北松江」を
結んでいます。

宍道湖の水位上昇の影響で
定かではないのですが、昨日は3本、今朝は2本の橋が
通行止めになっています。
そのため、昨日今日と松江市内は大渋滞。
今朝ほども「中海大橋」を先頭に10キロ程度の渋滞を見ました。

松江市街地は怖くて近づけません。
相当渋滞してるんだろうと想像されます。

今日午後からの大雨の再来が予想されます。
この上宍道湖の水位が上がるとどうなるのでしょう。
この松江南北分断による大渋滞がいつまで続くのか…
とても心配です。

みんなのプロフィールSP

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

水の都の大雨2

今回の雨はすごい。
報道にもあったように山陰道は土砂崩れで不通。
自動車専用道路はほとんど通行できない状態になってます。

松江駅周辺は広い範囲で道路が冠水してしまい
通行止めの箇所もかなり出てきている。
宍道湖の水位が上がりすぎて水の行き場がなくなってしまった。
こうなると手のつけようがない。
自然に宍道湖の水位が下がるのを待つしかない。

近年ここまでの被害や冠水はなかった。
山陰道もしばらくは使えないだろう。

今回の大雨でこれまで感じなかった
中心地の地盤の低さには驚いた。
松江の北西部で一部冠水しているようだが、
あの辺りは以前から地盤が低いことは知っていた。
でも、松江駅周辺がこの状態では
交通機関への支障が相当なものになるだろう。

今、雨は小康状態になっていて幸いなのだが
予報によれば明日にかけて大雨の予想が出ている。
自然には勝てないけれど、なんとかこのあたりで
おさまって欲しい。

大雨の降ってる地域の皆さん。十分ご注意を!

みんなのプロフィールSP
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 15:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

水の都の大雨

山陰は大雨です。

現在山陰のほとんどの地域が大雨に関する警報発令中!
山際に家のあるお宅は
土砂崩れなんかも心配でしょうね。
私のオフィスの施設内では、駐車場の脇の木が倒れて
駐車中の車に圧し掛かり大変でした。

島根県の県庁所在地「松江」は…
市町村合併で「松江市」はかなり面積が大きくなったので
厳密に言うと「旧松江市街地」は
「水の都」と言われ、宍道湖(しんじこ)と中海(なかうみ)
にはさまれ、その二つをつなぐ大橋川が街の中心を流れています。
宍道湖が松江の西にあるため、夕方からの
宍道湖に沈みかかる夕日は本当に美しいですよ。

その水の都松江が「水」に弱かったりもします。
今回のような大雨が降ると、冠水被害をよく耳にしますし
逆に干ばつになると、最初に「取水制限」になるのも
大体がこの「水の都」なのです。

今も外は相当に強い雨です。
梅雨前線もまだしばらく勢力が衰えそうにないみたいだし
雨の降ってる地域の皆さん
気をつけてくださいね。

posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 17:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

二十世紀梨記念館

先日、鳥取県の倉吉にある「二十世紀梨記念館」
に行ってきました。

あまり時間がなかったので
残念ながら全部を見ることは出来なかったが
円形の大きなホールの真ん中に
巨大な梨の木の剥製が天井いっぱいに枝を伸ばしていました。

この木で梨が何個採れるのか…
記念館のガイドのおねえさんの話を
聞き逃してしまったが、
その疑問は今度再訪したときに聞いてみたい。

ほかにも
梨農家の生活ぶりや「黒斑病(こくはんびょう)」に
苦しめられた時代の苦労話など
10分程度のスライド劇場で見せてくれた。

驚いたのは梨の種類の多さ
展示室に50種類以上はあったように思う。

なにせボーっと歩いてたもんで
記憶の曖昧なことに、これを書きながら情けなく思う。
今度行ったらシッカリチェックしないと…

鳥取県の果物といえば「二十世紀梨」
これも山陰の「いいもの」のひとつだ。


posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

みなさん、はじめまして今日からブログはじめました。

こんにちは、よねちゃんです。
山陰で生まれて、一時期を除いて山陰で育ってまいりました。
このブログの説明(このページの上)にも書いたのですが、「山陰」って知っている人そんなに多くないのでは・・・
中国地方は、鳥取・岡山・島根・広島・山口の5県。これがまた二つに分かれている。瀬戸内海側の岡山県・広島県・山口県を「山陽(さんよう)」といい、日本海側の鳥取県・島根県を「山陰(さんいん)」という。
posted by よねちゃん徒然(つれづれ) at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。